RFID+サイネージ ⇒ タッチ不要の多言語対応サイネージ

2019年6月に展示会で初めてお披露目されました「おもてなしサイネージ」が、いよいよ発売になります。

「デジタルサイネージジャパン2019」と「レジャー産業展」に出展した際はご来場の方々のなかには、驚きと事業の進展に期待をされる方が多くおられました。

「おもてなしサイネージ®」の特徴

▮特徴1 画面のタッチ操作不要で言語を自動切替え

      鍵にRFIDタグが付き、サイネージ側のアンテナで言語登録を読み取り、サイネージに近づくだけで、

       宿泊者の選択した言語に瞬時に切替

▮特徴2 時間(時限情報)と、場所情報(道案内)が含まれます

      同じく本システムには、時限情報(単位:分)と、道案内用のエリア情報が入り、案内表示が可能


   機能 1  館内案内

日本語表記の場合

登録なしの状況

英語表記の場合

フロントで選択した言語に自動切替


フロントで受け取る鍵(カード、従来の鍵含む)にRFIDタグが装備されると、館内案内の表示が、利用者が選択した言語に自動で切替ります。操作は、フロントで貸与前に非接触で言語登録するだけです。※右の図をクリックすると拡大されます。

2020年2月 天気予報を追加しバージョンアップを実施!

海外に行った際に天気予報でお悩みになるという声も多く、おもてなしサイネージに天気予報を表示する機能を追加されました。


 機能 2

館内案内

⇗ タイ語の変換事例

⇗ 英語の変換事例

⇗ 中国語の変換事例

⇗ アラビア語の変換事例


   自分の部屋と行先が分かるので館内で迷うことはありません


「おもてなしサイネージ🄬」とは

ホテルや旅館などの宿泊施設や、博物館や美術館、イベント会場などで、鍵やチケットにRFID(※1)のタグを備えることで、予めタグに設定した使用言語情報によって、おもてなしサイネージに近づくだけで画面の言語が自動で切替る仕組みです。

タグにはアドレス情報も記録されているため道案内にも対応可能。

今後連携が進めば、新たなサービスも可能になります。

仕組みをご理解いただきご活用のご検討をお勧め致します。

※1 RFID(Radio Frequency Idenfication、の略称)とは、識別番号などを記録した微細なICチップ

   タグ埋め込んで物品に添付し、外部と無線通信することにより、個体識別、や所在管理、移動追跡  

   などを行う仕組み。 (IT用語辞典より引用、http://e-words.jp/w/RFID.html)



※言語数は、2020年1月現在の採用数です。

概要図 システム構成 ・サーバーVerの場合


鍵がサイネージに近づくと、登録された言語表現に自動で切替ります。

※図をクリックすると拡大されます。


▮宿泊施設の外国語対応についての補助金情報

  2020年度の内容ですが、観光庁をはじめとして、各都道府県の助成金情報です。詳しくは各自治体への確認をお願いいたします。


■タグの検知でこうした利用も可能です

  コロナウィルスによって、密を避ける行動が必要となり、今や混雑状況を把握することは必須な習慣ですが、併せて利用時間の管理  

  が出来る仕組みは存在しません。弊社は、タグ保持者の移動管理が可能なことから、利用時間の管理までが可能です。

  ですので、今まで出来なかった危機管理に対応が出来る仕組みを持っております。

利用時間の管理、危機管理に対応が可能です。

▮「言語設定タブレット」で更に効率化