デジタルサイネージJAPAN2019で、初公開しました!

この2019年6月に展示館で初めてお披露目されました「おもてなしサイネージ」が、いよいよ発売になります。

展示会は、「デジタルサイネージジャパン2019」、並びに「レジャー産業展」でしたが、ご覧になっていただいた方のなかには、驚きと事業の進展に期待をされる方々が多くおられました。

「おもてなしサイネージ®」の特徴について・・・

特徴1 画面のタッチ操作無く言語を切替えます

      鍵にRFIDタグが付き、サイネージ側のアンテナで言語登録を読み取り、サイネージに近づ

      くだけで、宿泊者の選択した言語に替わります。

特徴2 時間(時限情報)と、場所情報(道案内)が含まれます

      同じく本システムには、時限情報(単位:分)と、道案内用のエリア情報が入り、案内と

       指示を行うことができます。

ですので、今までに無い、館内サービスの提供が可能になります。

   機能 2  館内案内

日本語表記の場合

登録なしの状況

英語に選択された場合

フロントで選択した言語に替わる


フロントで受け取る鍵(カード、従来の鍵含む)にRFIDタグが装備されると、館内案内の表示が、利用者が選択した言語に替わります。操作は、フロントで貸与前に非接触で言語登録するだけです。※右の図をクリックすると拡大されます。

2019年10月 天気予報を追加するバージョンアップを実施!

  右上のサイネージ画面を見ていただくとお分かりになると思いますが、海外に行った際に天気予報で苦しむことから、おもてなしサイネージに天気予報を表示する機能を追加しました。


機能 2

館内の道案内

⇗ タイ語への変換事例

⇗ 英語への変換事例

⇗ 中国語への変換事例

⇗ アラビア語への変換事例


   これで、自分の部屋と行先が分かりますので、館内で迷うことは、無くなります。


「おもてなしサイネージ」とは

ホテルや旅館などの宿泊施設や、博物館や美術館、イベント会場などで、鍵やチケットにRFID(※1参照)のタグを備えることで、予めタグに設定した使用言語情報によって、おもてなしサイネージに近づくことにより画面の表現言語が使用言語に替わる仕組みです。また、タグにはアドレス情報も記録されているため、道案内対応も可能な仕組みです。今後連携が進めば、様々な新たなサービスが登場することになるかと思います。どうぞ、仕組みをご理解いただき、ご活用のご検討をお願い致します。

※1 RFID(Radio Frequency Idenfication、の略称)とは、識別番号などを記録した微細なICチップ

   タグ埋め込んで物品に添付し、外部と無線通信することにより、個体識別、や所在管理、移動追跡  

   などを行う仕組み。 (IT用語辞典より引用、http://e-words.jp/w/RFID.html)



概要図1

※言語数は、2019年10月現在の採用数です。

 ■ホテルの例 お客様がフロント受け取るホテルの鍵

概要図2 システム構成


展示会での光景 左の日本語表記が、鍵が近づくと中国語表記に替わっています。※鍵の言語選択が中国語の事例

鍵がサイネージに近づくと、登録された言語表現に替わります。



展示会利用のチラシ

※図をクリックすると拡大されます。


商品化への道のり(開発の裏話)

 ・2019年8月27日

  弊社が扱おうとしているRFID(UHF)のお値段は、日本製の場合は、高額です。国内での開発用に、技適と言われる総務省 

  の電波製品の認可試験を適合となった機器で行っておりますが、1台セットを購入すると驚きの値段なのです。まさに高額!

  なんと、アンテナ15万円、リーダ・ライタが25万円、ケーブル費別途です。とても、一般的なシステムへの利用は出来ません

  よね。この高い値段なのは、製品機能に求める内容が、物流等での利用が多かった為、日本だけ桁外れな要求で、どうしても

  民生用の安価な物への展開が遅れているためです。そこで、弊社は、既に世界の20か国向けに輸出を行っている会社(中国・

  深セン)様と商品開発を進めており、アンテナとリーダライタを含む価格は数万円での購入が可能です。20ヶ国以上の輸出実

  績があるだけでなく、商品開発にも積極的な会社です。現在この10月中旬のリリースに向け対応しております。